MENU

卵胞が育たない原因・対処法

P

不妊治療中、卵胞を育てるために薬を飲んだり注射を打つ女性も多いです。

 

ですが、何度か治療を繰り返すとだんだんと卵胞の育ちが悪くなってくることがあります。これは強い誘発剤を繰り返し使用した事で卵巣の反応が鈍くなった事が原因です。

 

他にも年齢が高い、もともと重度の排卵障害があるといった事も関係してきます。

 

卵胞が育たなければスタートラインにも立つ事ができず本当に苦しいですよね。

 

卵胞が育ち、排卵さえすれば自然妊娠、人工授精で妊娠できる可能性がグッとあがります。

 

P

不妊治療をしていても、まだ治療をしていなくても卵胞の育ちをよくし、排卵率を高める一番の効果的な努力は体質改善です。

 

女性に多い冷えは血流を悪くし、卵子の質を悪化させると言われています。また冷えは身体的なストレスを増加させホルモンバランスを乱す原因にもなります。

 

冷えは食事、運動、入浴で改善できるので、妊活中はまずこの冷えを取る体質改善を忘れないようにしてください。

 

また、体質改善の他にも排卵率を高める方法としてベジママを飲むのも一つの方法です。

 

P

ベジママには排卵率をあげる臨床結果が得られたピニトールが配合されています。

 

ピニトールは薬ではないためこれを飲めば必ず排卵する!というわけではありませんが、他の葉酸サプリを飲むよりも妊活に向いているのは確かです。

 

時間が経過するほど卵子の質は低くなり妊娠率も低下していきます。妊活は少しでも早く子供を授かる事が成功の秘訣です。

 

できるだけの事はしたい!という女性にベジママは最適ですよ。

 

 

ベジママについてはこちら>>